のまぐちひろし プロフィール


パーソナル

本名:野間口 浩
(その他 野間口ヒロシ、野間口ひろし 等、過去いろいろな表記で紹介されていたりするので、
このサイトではひらがな表記の「のまぐちひろし」に統一してます。)

  担当:ベース、その他   生年月日:1968年9月14日(乙女座)

  血液型:B型  出身地:東京(世田谷区)生まれ、福岡(久留米市)育ち

最近のわたくし↓

フェイバリット アーティスト

クイーン、フランク・ザッパ、YMO、ジェリー・フィッシュ、デュラン・デュラン、XTC、etc

      

 〜おおまかな経歴〜

1992年、ロックバンド「インフィクス」のベースプレイヤーとしてバンダイ・ビジュアル
  よりメジャーデビュー(アルフィー坂崎幸之助氏プロデュース)。
  ミュージシャンとしてのキャリアがスタート。

〜〜〜〜〜〜〜〜以下「インフィクス」メンバーとしてのバイオグラフィー〜〜〜〜〜〜〜〜〜

1993年、劇場版「仮面ライダーZO」主題歌「愛が止まらない」。
1993年、テレビ朝日系アニメ「機動戦士Vガンダム」エンディングテーマ
  「WINNERS FOREVER」。
1994年、日本テレビ系ドラマ「西遊記」主題歌「傷だらけの天使になんて
  なりたいとは思わない」、挿入歌「100万光年の彼方」。
1996年、日本テレビ系ドラマ「奇跡のロマンス」挿入歌「涙・抱きしめて」。
1998年、フジテレビ系ドラマ「甘い結婚」挿入歌「STILL ALONE」。

*カラオケ「UGA」にインフィクス在籍時に作詞曲をし自らボーカルを担当した
 「恋するBroken Toy」、作詞曲を担当した「切手とダイアモンド」、
作曲を担当した「Break the silence」という曲が入っています。
みんなで唄ってみよう!!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

1998年、一身上の都合で「インフィクス」を脱退し、他アーティストのライブや
  レコーディングへのセッション活動、音楽講師の活動、を始める。

2003年、個人HP「HIROSHI'S GARAGE」を立ち上げ活動状況を公開。
  初のソロ作品「HIROSHI'S GARAGE Vol.1」(CD-R3曲入、完売)を発表。

2005年、初のソロアルバム「ハッピー☆ゴー。ラッキー」(TRINITY MUSIC)をリリース。
      ソロでのライブ活動も始め、自らの誕生日に初のワンマンライブを行う。

2006年、「HIROSHI'S GARAGE」名義作品第2弾「THE MAN FROM UTOPIA ,
    WITH LOVE & BASSGUITAR!!」(CD-R3曲入)を発表。
   音効派ベーシストとしての本領を発揮。

2007年、プロ・ベーシスト集団「地下室の会」に参加(会員No.137)。

2008年、木村K児(Vo&Pf)、今成英樹(Drs)とmuzzymyna(ムジーマイナ)結成。
トリオ編成での限界に挑む。

2010年、「HIROSHI'S GARAGE」名義作品第3弾「瞬間移動!BABY!!」(CD-R3曲入)を発表。

2011年、80's POPSのカヴァーバンド「THE TIMEMACHINE」結成。
      音楽に飢えたアラフォー世代救済の為にツアーを敢行。

2012年、'11.11.6の佐賀バルーンフェスタでのライブに参加したことをきっかけにinfixに出戻り。
オリジナル・メンバーでのレコーディングを敢行!
6/27に零士ワールドサミット公式テーマソング『零時の扉(松本零士のテーマ)』が
ワーナーミュージック・ジャパンよりリリース。

2015年、元BAKUBENIのメンバーとPULASUTA(プラスタ)結成。
4月に台湾 墾丁にて行われたアジア最大の野外インディーズフェス「スプリング・スクリーム」に出演。
9月には同じく台湾 台中にて行われた野外フェス「Rock In Taichung」にも出演。
2016年11月には中国大陸7大都市ツアーも敢行。

2017年、デビュー25周年をきっかけに再びINFIX再生!10/14に新宿NINE SPICESにてライブ。

〜これまでライブやレコーディングに参加したアーティスト(敬称略、順不同)〜

原田知世(Rec , Live)、内藤やす子(Live)、葛山信吾(Live)、HΛL(TV)、高橋広樹(Rec , Live)、湖月わたる(Live)、
川上真樹(Rec , Live)、真行寺恵里(Live)、井上昌己(Rec , Live)、イダセイコ(Rec)、ATEETA(Rec , Live)、堺すすむ(Rec)、
大貫史朗(Rec , Live)、FLAMINGO REX(Rec , Live)、DOG★STAR(Rec , Live)、BAKUBENI(Rec , Live)、桜庭統(Live)、
水口PITPI晴幸(Live)、長江健次(Live)、ももいろクローバーZ(Rec)、田原俊彦(Live)、
テニスの王子様キャラソン関係REC(ベース、コーラス、作詞)、劇団キャラメルボックス・サントラREC、
NHKラジオ(FM,AM)サントラREC(ベース&ギター)、手裏剣戦隊ニンニンジャー主題歌REC(ベース)、他 

〜その他の経歴〜

1991年〜、(株)ESPとエンドーサー契約

2003年、第28回ホリプロ・スカウトキャラバン「ラブミュージックオーディション」バックバンド参加

2004〜2006年、CX系バラエティー番組「はねるのトびら」演奏指導

2008年〜、ギター工房Kz GuitarのWebsite「サウンドファイル」のレコーディングに参加。
 (QUEENの曲を演奏しQUEENのギタリストBrian May氏より賞賛のお言葉をいただく)、他

のまぐちひろし的プレイスタイル

今やベースプレイヤーとして当たり前である幅広いジャンルに対応できるフレキシブルなグルーヴやフレーズの追求etc、
それ以外のオリジナリティーとして、ギタープレイヤー並にエフェクターを使用しての多彩なサウンドメイクが自分の
個性だと思っている稀少価値あふれる音効派ベースプレイヤー。
自分で言うのもなんですが、同じ様なスタイル(アプローチ)のベースプレイヤーは他に見たことがありません。
  とりあえず一番器用にあつかえるツールがベースなのでベースプレイヤーとしてのキャリアを歩んでいますが、
あわよくば「その他」の方面でも表の世界に進出しようと日々思案中。

音作りとエフェクターについて

エフェクターを使用しての多彩なサウンドメイク..」といっても歌もののバッキング時等のベーシックな音色は
全てのエフェクターをバイパス(オフ)の状態にしてピッキングのニュアンス(弾く強さや弾く位置etc)によって作ります。
で、「ここぞ」という時のみエフェクターを使って大胆にサウンドを変化させます。
ようするに「曲中での場面転換をサウンドの変化によってより明確にさせる」というかなりセンシティブな使用方法です。
使用エフェクターについてはtoolsにて公開していますので参考までにのぞいてみてください。
使用方法については、ライブを見ていただくとその効果のほどは、一目(聴?)瞭然だとは思うのですが、そう簡単に見にこれない方も
いるし今後そういうページも作成できればいいなと思っていますのでおたのしみに(soundsに少しだけ音源をUPしています)。

to top